理学療法学科

理学療法学科You will be THERAPIST

理学療法士とはどんな仕事?

身体的動作を回復し、健康な日常生活を取り戻す
患者さまの不自由な苦しみを改善するための「理学療法」

理学療法とは病気、けが、高齢、障がいなどによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、基本的な身体的動作の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。私たちが日頃、特に意識することもなく行っている起きる・立つ・歩くという行為が困難になってしまった原因を究明し、適切な処置を行います。

主な理学療法

主な理学療法
■運動療法(機能訓練)
歩行訓練など身体を動かすことで症状の軽減や身体機能の回復をうながします。
■補装具療法
車椅子や義肢など歩行を補う装具を使用するための指導を行います。
■物理療法
微弱で筋肉・神経に治療効果のある電気刺激をおこなったり、
温熱療法という患部を温めて治療効果を高める方法を用いたりします。
■地域理学療法
時代は在宅医療へ。いつまでも自分らしく過ごせるようにサポートします。

理学療法士の役割

理学療法士はおもに高齢者や身体の不自由な方々と接することが多く、世代を超えたコミュニケーション能力が求められます。また現代では予防医学や健康促進など身体的に健常な方々の生活を維持するためのニーズもあります。アスリートの体調管理などスポーツ科学の分野でも活躍しています。

理学療法学科で学ぶこと

理想の自分へ近づこう。

本学では3年間で実践的なセラピストを養成するため、学びやすい機能的な学習形態を実現します。

学習の流れ(3年制・昼間部)

  • 1年次

    総合的に医療の基礎知識を学ぶ

    • ■解剖学
    • ■運動学
    • ■生理学
    • ■心理学
    • ■医用統計学
    • ■医療物理学
    • ■理学療法基礎
    • ■基礎評価学
    • ■見学実習
    • など

    医療人となる心構えや社会人としての自覚を高める一般教養から、人体についての様々な基礎に取り組み、人間の機能的な美しさや尊さ等を次年の勉学に活かせるように学びます。

  • 2年次

    リハビリテーションに特化した授業

    • ■臨床運動学
    • ■リハビリテーション工学
    • ■地域理学療法学
    • ■理学療法管理学
    • ■理学療法治療学
    • ■スポーツと健康科学
    • ■評価実習 など

    1年次で学んだ知識を応用し、より具体的にセラピストとしてのアイデンティティを発展させます。理学療法士ならではの考え方や治療技術を修得し、3年次の実習に備えます。

  • 3年次

    臨床を中心とした実践的授業

    • ■総合臨床実習Ⅰ
    • ■総合臨床実習Ⅱ
    • ■国家試験受験

    臨床現場で実際に理学療法士に指導を仰ぎながら、リハビリテーションの方法を具体的に学びます。知識と技術は全てリハビリテーション対象者とその家族、地域医療の為に活かす事ができるように学びます。

理学療法学科の学習計画

PAGE TOP

LOADING...